基礎化粧品の役割について

img-1

素肌を保つためには基礎化粧品が重要になります。

化粧水や美容液、乳液などのスキンケア用品ことでこれらは、肌を美しく見せるための通常の化粧品とは異なり、素肌を整える働きをしています。

基本的なことですが、スキンケアはこの基礎化粧品の順番を守ることが重要となります。


順番を守る理由としては、それぞれの役割が異なることが挙げられます。順番を守ることによってそれぞれの働きがきちんと機能します。
洗顔後、最初につけるのが化粧水です。
これは洗顔することで汚れと一緒に落ちてしまった肌の保湿成分を補う働きがあります。
化粧水をきちんと角質層まで浸透させることにyって、他のスキンケア用品も効率よく浸透しやすくなるとされています。


次につけるのは、美容液です。

シワやシミ、たるみなど肌トラブルに効果的な成分の入っているものを使い、肌に栄養を補う役割があります。

成分によって保湿効果や美白効果など目的別に特化しているのが特徴で、悩みに合わせて集中的なケアを行うことができます。肌の悩みがないという場合には省略しても良いとされています。乳液は油分と水分をバランス良く配合しています。

保湿をしながら必要な油分を補うことができるため、化粧水で補給した水分を逃がさない蓋の役割もします。もっとしっかり水分を逃がさないようにしたい場合には、クリームが有効です。乳液よりも油分を多く含んでおり、化粧水から乳液までの有効成分をしっかり閉じ込める働きがあります。

正しいスキンケアを行うには、この順番で行うことが大切です。
肌の状態や肌質によっては、省略しても良いものもあり、量を加減することは有効ですが、順番を間違ってしまうと効果が大きく損なわれてしまいます。

それぞれ役割が異なるため、効率的に肌のケアができなくなるだけではなく、肌に悪影響を及ぼすこともあります。
また、基礎化粧品の使用期限を守ることも肌の健康のためには重要です。

未使用で保管していても一度開封してしまうと化粧品も酸化していってしまいます。
未使用で製造から3年未満でも湿度が高かったり直射日光にあってていると品質が悪化してしまう可能性もあるため注意が必要です。


手に触れた部分から雑菌がついて雑菌が繁殖してしまい、そのような状態のケア用品を使ってしまうと肌荒れの原因になることもあります。

近年では保存料や防腐剤の使われていな無添加のものが人気となっていますが、これらは肌に余計な負担がかからないというメリットがありますが、劣化が早いというデメリットもあります。


そのためなるべく早く使い切るようにして開封から1年以上経ったものは破棄するようにしていきます。


保存方法も重要で、開封したらその日の日付をマジックなどで書いていきます。

そして直射日光の当たらない涼しい場所に保管して早めに使いきます。

冷蔵庫で保管する人もいますが、冷蔵庫では温度変化が激しいため冷蔵庫で保管することはお勧めできないとされています。

コーヒーメーカーの情報が揃っています。

むくみの薬に関しての情報が閲覧できます。

むくみ対策に関する良い情報をご紹介するサイトです。

コーヒーグッズの専門サイトのココです。

タオルの知りたかった情報がきっと見つかります。

http://news.biglobe.ne.jp/qa/2016/0810/9375238.html

http://okwave.jp/qa/q3681113.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1063670495

関連リンク

img-2
清潔感が一日中続く化粧品を使ったメイク

昼間のメイク直しは面倒だし、忙しくてそんな時間は無いときには一日中綺麗な状態を保つことが出来るメイクをします。無駄なお金や時間も必要なく、朝のメイクの仕上がりをキープすることが出来ます。...

more
img-2
化粧品を使った理想の顔型に近づけるメイク方法

顔型で理想的な形である卵型に近づけるためには、それぞれの顔型に合わせたメイクをすることが大切です。卵型に少しでも近づけるためには化粧品の中でもチークやハイライト、ローライトが重要になります。...

more
top